リフォームは契約時点でまだ商品が出来がっていないために、後でイメージと違ったというトラブルが起きがちです。工事前にどれだけ実際のものをイメージできるか、そしてそれが作り手側と同じイメージかどうか、きちんとすり合わせておくことがポイントになってきます。リフォームの追加工事には気をつけたいですね。

家族が毎日使う場所なので、安全には気をつけたいものですね。

トイレのドアは狭い廊下に作られていて、幅が少し狭くなっているものが多いです。

ですので、リフォームする時には開口部はなるべく広めに、扉の前のスペースにも余裕があるようにすると良いです。

また、引き戸でも将来を考えると良いと言えます。

ご家族に介護が必要になった時、車椅子での出入りがしやすいという利点があります。そのために段差をなくしてリフォームする必要がでてきます。

冬季のために暖房設備がおけるようコンセントもあると便利です。介護の面を考えると手すりや肘掛などの工夫も必要です。

快適な空間をつくるには、トイレでのんびりできるようちょっとした本棚を壁等に配置してみるのも良いと思います。読書したりして自分の時間をゆったり楽しむことができます。

人が入るたびに感知する自動的に換気扇が回る最新式の便器を設置してみるのも良いかもしれません。

高齢になるにつれて、夜中にトイレに行くことがでてきます。

なので寝室の隣にトイレがあると便利です。老後のことも考えリフォームしてみるのもいいですね。

トイレは家族だけではなく、お客様も使うことが多々あります。

お客様に洗面所を見られたくない場合は、トイレに手洗いや鏡を取り付けるといいでしょう。

トイレの清潔に保つためにはどうしたらよいでしょうか。

最近は、汚れがたまらないフチなし形状の便器、表面の塗膜によって汚れが付きにくい便器、掃除がしやすい工夫の便器など様々なメーカーがいろいろな種類のものを出していますので検討してみるといいかと思います。

トイレの床や便器などの掃除がしやすいように、余裕をもった広さにすることも大切です。掃除用具の収納も考えてみましょう。

便器に座ってから、トイレットペーパーが無いとあわてることってありませんか。

そんな時のためにも座った状態でも手が届くところに収納を考えてみてください。

トイレ内は狭いですので、システム収納や、壁の厚みを利用した収納スペースなど、効率的に収納する工夫が大切ですね。

  • トイレリフォームの注意点│札幌トイレリフォーム物語